古事記 八岐大蛇伝説   

ここから先、スサノオノミコトは今までとは別人ではないかというほどの活躍をする。

高天原を追放されたスサノオノミコトは出雲の国に降り立つ。
そこには美しい少女と老夫婦が涙に暮れていた。
聞くところによると毎年高志の国(北陸)から八岐大蛇がやってきて娘をさらっていき食ってしまうという。残ったのはこのクシナダヒメという少女一人。

その娘を嫁にもらう約束をして八岐大蛇退治を計画する。
先ずは娘を櫛に変え自分の髪に刺す。そして八岐大蛇は頭が八つに分かれているため8個の門にそれぞれ酒桶を置き待つ。

それぞれの酒桶に首を突っ込んでお酒を飲んで酔っ払って寝込んだところをめった切り。その尾を切ったとき中から出てきたのが草薙の剣である。(三種の神器の一つ)

 PS;八岐大蛇伝説は氾濫を繰り返す島根の斐伊川をモチーフにしたものと
    考えられる。
    その川の色が川上から流れてくる銅の混じった水のため血のように
    赤かった。

 PS;写真は佐太神社
     松江市の鹿島町にある静かで広い境内と深い鎮守の森が印象的な
     厳かな神社です。

     誰もいない静かな境内に神楽の音だけが響いていました。

     ご祭神;佐田大神、イザナギノミコト、イザナミノミコト、天照大御神、
     ニニギノミコト(後述)、ハヤタマノオオミコト、コトサカオノミコト、
     スサノオノミコト
b0161093_15485397.jpg

[PR]

by asukai-inchou | 2009-08-23 15:46 | 神話の世界へようこそ

<< 古事記 縁結び 古事記 天照大御神、須佐之男命... >>