阿寒国立公園   

★阿寒湖★

阿寒湖は特別天然記念物に指定されているマリモが生息するカルデラ湖です。

渡辺淳一氏の本で初めて読んだのが「阿寒に果つ」でした。
この話は渡辺氏の医学生時代の自叙伝の部分が有ると言われています。
主人公の私と自殺してしまった純子。

危うく脆いものに惹かれる様に阿寒湖の神秘性を想像したものです。

で、今回行ってみましたがちょっと真夏の湖は違った・・

b0161093_12101347.jpg


阿寒湖は水鳥等を保護するラムサール条約登録湿地に指定されています。

ここで見つけた「野生のトリカブト」
こんなに綺麗な花に猛毒が有る。

b0161093_12133927.jpg
b0161093_12135458.jpg


★摩周湖★

やはり阿寒国立公園内にあります。
湖水の透明度は日本一。その湖の色は摩周湖ブルーと言われています。
世界でもバイカル湖についで2位です。しかし現在は生態系が崩れプランクトンがふえ
透明度が落ちています。

しかし吸い込まれていくような人を寄せ付けない青色でした。

b0161093_12234631.jpg


真中にある島の話を・・ネットから拾ってきました。

宗谷のコタン(アイヌの集落)同士がイヨマンテ(熊祭)の夜に争い、
一方のコタンは敗れほとんどが殺されてしまう。
敗れたコタンの老婆とその孫は命からがら逃げるが、逃げる道中で孫がはぐれてしまう。
老婆は孫を探しながらさまようが見つからず、カムイトー(摩周湖)付近までたどり着く。
老婆はカムイヌプリ(摩周岳)に一夜の休息を請い、許される。
が、悲嘆にくれ疲労困憊した老婆はそこから動けず来る日も来る日もそこで孫を待ち続け、
とうとうカムイシュ島になってしまった。
いまでも、摩周湖に誰かが近付くと老婆は孫が現れたかと喜び、うれし涙を流す。
この涙が雨であり霧であり吹雪なのである。

★屈斜路湖★
クッシーと言う海獣がでるらしい・・・
しかし湖畔にはキャンプ場が有りアヒルのボートが有り・・

クッシーもおじけづいて出て来れないのかも・・^^;

b0161093_124654100.jpg

[PR]

by asukai-inchou | 2010-09-05 12:13 | 無題

<< 地の果て 熱田神宮 >>