<   2009年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧   

ゴルゴンゾーラスパゲッティーはいかが?   

ちょっと癖があるけれど良く熟成されたゴルゴンゾーラチーズをふんだんに使ったスパゲティーは最高です。

慣れない人にはちょっときついけれど病みつきになってしまう味。

そのゴルゴンとは ギリシャ神話に出てくるゴルゴン三姉妹からとった名前。3姉妹のうちメドゥーサだけは元々は人間だった。それも美人の誉れ高い娘で海神ポセイドンの愛人だった。そしてその流れるような黒髪はメドゥーサの自慢だった。ある時つい「私の黒髪はアテナよりも素敵」と口を滑らせてしまった為知恵と正義と戦の女神アテナの逆鱗に触れてしまう。その挙句に自慢の髪は蛇にかえられ目は見る者を石に変え、顔貌は醜悪、イノシシの牙。

最後は英雄ペルセウスにやっつけられてしまう。
[PR]

by asukai-inchou | 2009-08-24 23:30 | 神話の世界へようこそ

肺炎球菌ワクチン   

先日もここに載せたように新しいインフルエンザの流行が気になるところです。

インフルエンザの重症化として気になるのは脳症と肺炎です。

脳症に関して、特に子供では解熱薬との関係が言われています。勝手に熱さましを使わないで主治医の先生と相談しましょう。

大人も同様です。

そして最近合併症で多いのは肺炎です。100%回避はできませんが肺炎球菌ワクチンを接種することによって肺炎の予防効果が言われています。一度打てば5年前後の効果があるといわれます。地域によって補助のあるところがあるので役所に聞いてください。 現在まだ横浜は補助制度はありません。
[PR]

by asukai-inchou | 2009-08-24 22:53 | 医療

古事記 縁結び   

スサノオノミコトは八岐大蛇を退治した後、老夫婦の許しを得てクシナダヒメを娶ると、新居を造るべき土地を探した。そして、須賀(すが)の地が気に入ったので、そこに宮を建てて住んだ。そのとき、スサノヲは妻を娶ったことを喜び、次の歌を詠んだ。

 八雲立つ 出雲八重垣 妻ごみに 八重垣作る その八重垣を

 スサノオノミコトとクシナダヒメを祭った八重垣神社の奥には鏡の池と言って縁を占う池がある。

b0161093_1615388.jpg

[PR]

by asukai-inchou | 2009-08-23 16:01 | 神話の世界へようこそ

古事記 八岐大蛇伝説   

ここから先、スサノオノミコトは今までとは別人ではないかというほどの活躍をする。

高天原を追放されたスサノオノミコトは出雲の国に降り立つ。
そこには美しい少女と老夫婦が涙に暮れていた。
聞くところによると毎年高志の国(北陸)から八岐大蛇がやってきて娘をさらっていき食ってしまうという。残ったのはこのクシナダヒメという少女一人。

その娘を嫁にもらう約束をして八岐大蛇退治を計画する。
先ずは娘を櫛に変え自分の髪に刺す。そして八岐大蛇は頭が八つに分かれているため8個の門にそれぞれ酒桶を置き待つ。

それぞれの酒桶に首を突っ込んでお酒を飲んで酔っ払って寝込んだところをめった切り。その尾を切ったとき中から出てきたのが草薙の剣である。(三種の神器の一つ)

 PS;八岐大蛇伝説は氾濫を繰り返す島根の斐伊川をモチーフにしたものと
    考えられる。
    その川の色が川上から流れてくる銅の混じった水のため血のように
    赤かった。

 PS;写真は佐太神社
     松江市の鹿島町にある静かで広い境内と深い鎮守の森が印象的な
     厳かな神社です。

     誰もいない静かな境内に神楽の音だけが響いていました。

     ご祭神;佐田大神、イザナギノミコト、イザナミノミコト、天照大御神、
     ニニギノミコト(後述)、ハヤタマノオオミコト、コトサカオノミコト、
     スサノオノミコト
b0161093_15485397.jpg

[PR]

by asukai-inchou | 2009-08-23 15:46 | 神話の世界へようこそ

古事記 天照大御神、須佐之男命、月読命   

命からがら現生に戻ったイザナギノカミは黄泉の国の穢れを清めるために川で禊をする。

体を清め最後に顔を洗うと・・
 左目から天照大神、右目から月読命、鼻からは須佐之男命が生まれた。
 天照大大御神には高天原を 月読命には夜の国を スサノオノミコトには海原の統治を委ねた。

ところが母が恋しいスサノオノミコトは仕事もしないで泣いては暴れていた。困った天照大御神はなんとかなだめ様としたがスサノオノミコトは狼藉三昧。

これを見た天照大御神は怖がって天の岩戸に隠れてしまった。太陽をつかさどる神様が隠れてしまわれ世の中は真っ暗になってしまう。

そこで八百万の神々が集まって善後策を考えた。天のウズメ命の踊りと皆の笑い声に天照大御神は何事かと岩戸の隙間を空けたところ力持ちの神様がすかさず扉を開ける。

その後スサノオノミコトは高天原を追放され母の国に向かうことになる。

 PS;おそらく天の岩戸隠れは 日食で有ったろう。
[PR]

by asukai-inchou | 2009-08-23 15:18 | 神話の世界へようこそ

古事記 国生み   

元来天地はひとつだった。
それが分かれて二つになりその後現れた神様から暫く、何代かは男女が分かれる以前の所謂独神であった。

5組目に現われた神様がイザナギノカミ(男性)とイザナミノカミ(女性)
二柱の神様は次々と神様(島)を生んでいった。
ところが最後に火の神様を産んだことによってイザナギノカミが命を落としてしまう。

愛しいイザナミノカミを亡くしたイザナギノカミは黄泉の国にイザナミノカミを迎えに行く。
ところが黄泉の国を出るまで後ろを振り返ってはいけないと厳命されていたにもかかわらずイザナギノカミは振り返ってしまう。そこに見たものは・・蛆ががたかり見るも無残なイザナミノカミの変わり果てた姿。

「ぎゃー」と叫んだかどうかは知らないけれどイザナギノカミは必死の形相で黄泉の国を後にした。命からがら黄泉の国と現生の境にある黄泉比良坂まで逃げてきたイザナギノカミ。
 
   PS;黄泉比良坂は島根県出雲町の揖夜神社あたりにあるといわれている
[PR]

by asukai-inchou | 2009-08-23 14:53 | 神話の世界へようこそ

インフルエンザ   

 今年初めから太陽の黒点数が異常に少ない。黒点は太陽の活動を現しているという。
太陽は約100年ぶりに活動の極小期に入っているとNASAは判断しているようだ。
地球は温暖化に向かっているというけれど・・・はて?

太陽がこのような重度の活動極小期に入るのは1913年以来のことだ。

宇宙も変化しているし本来気温が低く乾燥した時期に流行するインフルエンザが暑くて湿度の高いこの時期に流行り始めている。変だ・・


 さて、予防といっても従来のインフルエンザと対応は変わらないが念のため普段の生活の注意を記載。

    手洗い(指先、指の股までしっかりと)
        指についたウイルスが目や口内の粘膜から侵入しないように
    うがい
        根拠は定かではない、咽頭感想を防ぐため
    マスク
        これは咳やくしゃみをしている人が飛沫感染を防ぐためにする事に
        意義がある
        
        感染者の一メートル以内に近づく人はマスク着用の勧め
    

    基礎疾患のコントロール
        気管支喘息や糖尿病等はしっかりコントロールしておきましょう
    
    休養、そしてストレスの解消
    
[PR]

by asukai-inchou | 2009-08-23 14:02 | 医療

花火   

神奈川新聞の花火大会に行ってきました。

景気の悪化に伴って中止せざるを得ない花火大会が多いと聞きます。

b0161093_753795.jpg

[PR]

by asukai-inchou | 2009-08-07 07:06 | 閑話休題

感染症   

気温が上がり湿度が上がる季節は元来インフルエンザウイルスの増殖に適さないと考えられていました。

しかし今年は新型(豚)インフルエンザの流行等でその季節性がなくなりました。

又今は胃腸炎が流行っています。

ウイルス性のもの 細菌性のもの 細菌性のものは生のレバーや生の鶏肉(ささみのお刺身など)等 に注意をする必要があります。その他食の殺菌には十分注意をしてください。
[PR]

by asukai-inchou | 2009-08-07 06:58 | 医療