<   2009年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧   

ペットに注意!ドックを大切に...しかし・・   

年一回の健康診断、人間ドックは大切です。

しかし100%完成されたものは有りません。健診を受けることにより疾病の発見率が増えるという風に考えていただくことが大切だと思います。

さて、近年ペット検査に対してすべての癌が発見されると思われているふしがあります。

PET健診が重要な癌は 甲状腺、乳腺、大腸

PET健診が役立たない癌が胃、脳、肝腎
[PR]

by asukai-inchou | 2009-12-20 20:22 | 医療

横浜探訪2   

鶴見線海芝浦駅.....海の上の駅
東芝の敷地内にある駅.東芝関係者以外は駅から出ることができない。「出られない駅」として有名。但し駅構内には「海芝公園」という小さな公園がある。釣りができる駅。
b0161093_1521361.jpg

b0161093_15375921.jpg


三渓園
b0161093_15242417.jpg


日没
b0161093_15272428.jpg
b0161093_15282220.jpg

[PR]

by asukai-inchou | 2009-12-20 15:28 | 閑話休題

横浜探訪   

ベイブリッジを見上げる
b0161093_1543553.jpg


スカイウォーク内
b0161093_157271.jpg


ちょっと夕暮れ
b0161093_1584876.jpg


赤レンガ倉庫
b0161093_1592993.jpg


冬夕暮れ
b0161093_15101344.jpg


港横浜
b0161093_15115494.jpg

[PR]

by asukai-inchou | 2009-12-20 15:13 | 閑話休題

銀杏と紅葉   

数年前の季節は初冬

b0161093_7533396.jpg
b0161093_754622.jpg

[PR]

by asukai-inchou | 2009-12-18 07:54 | 閑話休題

気管支喘息とインフルエンザ   

本日気管支喘息とインフルエンザのダブルポストの研究会に参加してきました。

現在わかっている状況をお伝えいたします。

現時点までの報告では気管支喘息の方が「インフルエンザに罹患したため」重責発作を起こして命を落とした例は有りません。

但し気管支喘息をもった方は感染に対する元々の免疫力は弱い様です。罹患するとウイルスをやっつける機能が健康な人より少々劣るようです。

ここでまたまた但しですがコントロール良好の方は健康な方と同様に重症化率は低い様です。

日本では一時ワクチン接種による有害事象が騒がれ接種しない時期が有りました。その時の死亡数は甚だしいものでした。現在のワクチンは高度に精製され有害事象が減っています。再度接種するようになり高齢者の死亡率がかなり減ってきています。

気管支喘息の方の喘息コントロールの重要性、そして感染の予防(手洗いうがい等、ワクチン接種)は大切です。
[PR]

by asukai-inchou | 2009-12-13 15:23 | 医療

名医華佗 赤壁疫病   

三国志の赤壁の戦い

魏の陣営に疫病が流行る。はて?この疫病は何だったのか?
傷寒とひとくくりにされる急性悪性熱性病らしいが 今でいう、インフルエンザ、マラリア、腸チフス、はたまた寄生虫等ではないかと言われる。今では珍しくなった寄生虫だが当時戦時下、生の川魚を食したり豚の生肉を食べる様子も有る。

三国志時代の名医華佗

漢方薬、鍼灸に通じ外科手術、産科術もこなしたという。嫁姑問題で有名な花岡青洲が初めて麻酔薬として使った痲沸蕩より遡ること1000年以上前に華佗は痲沸散として手術に使っていた。ただ蜀の名将関羽が敵の矢じりについたトリカブトの毒で苦しんでいた時の手術で華佗は麻酔を使っていない・・関羽が断ったのか?

三国志、魏の曹操が華佗の名声を聞きつけお抱え医にした。しかし曹操は華佗を最後は処刑してしまう。原因は諸説あるが華佗が曹操の命令に従わ無かったか曹操の頭痛に開頭術を申し入れたせいで逆鱗に触れたか。
(この逆鱗の鱗は龍のうろこで有るようだ)
華佗処刑後曹操が一番可愛がっている自身の子供の病気を治すことができたのは唯華佗ひとりだったことを知って殺してしまったことを悔むのである。

ところで古代中国の歴史では、上に立つ者に従わないものは速攻で処刑されてしまう。
中国を初めて統一したのはご存じ秦の始皇帝である。秦の前はその残酷さで知られている殷の紂王を倒した姫昌が作った周である。周は人間性善説の立場に立った儒家思想をもとにできている国家である。

始皇帝は儒教を排し徹底的な法家主義を貫く。

法家主義とは人間性悪説に基づき 人間はどうしようもないものであるから法で縛らないといけないという考えである。そのもとになった書物は韓の韓非が描いた韓非子である。始皇帝は韓非子を読んでこの作者に会えれば死んでもいいと言ったとか・・

この韓非子は王は法であるという主張である。いわゆるマキャベリズムである。君主論を書いたマキャベリの1700年も前に中国でこのような理論が編み出された。

ただ君主論は孫子、韓非、儒家の要素が合わさったものである。

話を戻して秦の始皇帝は徹底的な法家国家を目指したが結局その縛りのせいで窮鼠猫ををかむ民衆の蜂起によって国が乱れ楚漢戦争の結果、劉邦率いる長期政権「漢」にとってかわられる。
[PR]

by asukai-inchou | 2009-12-13 10:01 | 閑話休題

新型インフルエンザ季節性インフルエンザ   

またインフルエンザの話題です。

A型(現時点では99%が新型)と季節性のB型がはやり始めているようです。

先ずは、新型インフルエンザワクチンはぼちぼち迷走しながら入荷しております。

ワクチンと接種後の有害事象の関連に関してですが 
季節性のインフルエンザワクチンに比べて接種後の報告義務が厳しいおかげか報道のせいか有害事象が前面に出ている印象が有りますが概ね季節性ワクチンと大差ない様です。

というのは製造過程は新型も季節性も同様です。そして もとになるウイルスもウイルスとしての活動は完全に封じ込め、いわゆるウイルスをバラバラにするためウイルスが悪さをすることはあり得ない。

また添加物も従来の季節性ワクチンと同じです(ただしこの一二年の季節性ワクチンはチメロサールフリーですが新型は妊婦用を除いてチメロサールは入っています)


よってワクチンとしての「有害事象」は従来のインフルエンザワクチンと同等と考えて良い様です。


そして一回打ちで成人は80%位の抗体価の上昇が有るようです。二回打ちでも効果はさほど変わりません。


人間の体は優れもので過去の感染の記憶をしっかりとどめちょっと違った顔をしたウイルスにも反応するようです(某ワクチン研究所の専門家のお話)
[PR]

by asukai-inchou | 2009-12-02 09:34 | 医療

静と動   


b0161093_23135349.jpg



b0161093_23145055.jpg


静動
b0161093_23153575.jpg

[PR]

by asukai-inchou | 2009-12-01 23:16 | 閑話休題