<   2010年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧   

水分と塩分の摂り方   

記録的な暑さが9月に入っても続きます。

ここで水分のとり方、塩分のとり方、生活上の注意が必要となります。

ただ大事なことは

  個々人の置かれた環境、疾患によって同じように考えられないということです。

高血圧の方でも過酷な高温の場所で働かれ塩分が失われた場合は水分と同時に

塩分の摂取もしなければいけません。

毎日のように水分をとりましょうと報道されているからと言って常時冷房の利いた部屋に居る方が

何リットルも水分摂取をするとこれはまたこれで水による弊害が有るということです。

あまりの高温による酷い水、電解質バランスの崩れの場合は市販のスポーツドリンクでは
ナトリウム(塩)量が少ないので水やお茶よりましという程度でもあります。

あくまでも個々人で違います。

基本は風通しの良い涼しい場所で生活すること。状況に応じて水分摂取(発汗が多い時は塩分)を
するということでしょうか。
[PR]

by asukai-inchou | 2010-09-06 07:29 | 医療

神話か古代史か?   

明治時代に紙幣の顔として長らく務めた方がおられます。その名は・・・

・・・武内の宿禰・・・

所在不明年金受給100歳以上の方も真っ青300歳まで存命され何代もの天皇に仕えた
と言われた方です。見習うべき忠臣として語られてきました。

この人は神功皇后に従って三韓征伐に行きました。
神功皇后は身ごもっていたのですが産気づいたのも厭わず朝鮮半島に渡って一働きした後
九州に戻って後の応神天皇となる皇子を産みました。

昔は女性も戦ったようです。
古代日本では女性も武装して戦地に赴くか夫に従って戦地に行ったようです。
位の高い人ほど女性は出陣したようです。

古代中国では巫女が戦場に行きます。
それは敵をまどわすため恐怖に陥れるため軍隊の前に立たせます。
とくに殷の時代にはそれが当然だったのです。
その戦い方を変えたのが周にの軍師太公望です。



    余談;
        :チータは雌が狩りをし、子育てをし家庭を切り盛りしていきます。
        :雄は雌のとってきた物の残りを食べるだけです。
        :子供の雌も母親に習ってしっかり狩りを学び独り立ちし自分の家庭を造ります。
        :母親も有る程度子育てを終わるとまた別の家庭を造りに旅立ちます。
        :
        :雄の子は狩りが下手で姉妹のとってきたもののおこぼれにあずかります。
        :せいぜい鼠を捕るくらいです。・・・・余談でした・・・・




実はこの神功皇后は仲哀天皇の后です。
仲哀天皇はかの日本武尊の息子です。

神功皇后は卑弥呼同様巫女であったようで神(住吉大神)の声を聞いて
新羅征伐の御信託を受けました。
(神功皇后の時代と卑弥呼の時代がやや重なるため
同じ人物ではないかと考えている方もおられます)

それを仲哀天皇に告げたところ却下されました。

その後すぐ(ふ・し・ぎ)仲哀天皇は亡くなります。
その後を継いで神功皇后は神の神託どおり
三韓征伐に向かいます。

いつもつき従ったのは武内の宿禰です。
[PR]

by asukai-inchou | 2010-09-05 13:20 | 神話の世界へようこそ

地の果て   

アイヌ語で地の果てのことを「知床」と言う。

アイヌ文化は本州のヤマトとは違った発展の仕方をする。
ヤマトが縄文時代を終わり弥生時代に入った時北海道は続縄文時代でした。

その後大化の改新等の飛鳥時代に入った時に北海道は擦文時代といって
人々は、河川での漁労を主に、狩猟と栽培植物の雑穀農耕から食料を得ていた。
米は本州との交易で僅かだが得ていた。

道具は石器から次第に鉄器に変わっていったようだ。

竪穴式住居に住み、川のそばに大小の集落を作って暮らしていた。

その後アイヌ文化に繋がっていく。


知床一湖です。熊が出没するようだ・・

b0161093_12382945.jpg


b0161093_1244591.jpg

[PR]

by asukai-inchou | 2010-09-05 12:39 | 無題

阿寒国立公園   

★阿寒湖★

阿寒湖は特別天然記念物に指定されているマリモが生息するカルデラ湖です。

渡辺淳一氏の本で初めて読んだのが「阿寒に果つ」でした。
この話は渡辺氏の医学生時代の自叙伝の部分が有ると言われています。
主人公の私と自殺してしまった純子。

危うく脆いものに惹かれる様に阿寒湖の神秘性を想像したものです。

で、今回行ってみましたがちょっと真夏の湖は違った・・

b0161093_12101347.jpg


阿寒湖は水鳥等を保護するラムサール条約登録湿地に指定されています。

ここで見つけた「野生のトリカブト」
こんなに綺麗な花に猛毒が有る。

b0161093_12133927.jpg
b0161093_12135458.jpg


★摩周湖★

やはり阿寒国立公園内にあります。
湖水の透明度は日本一。その湖の色は摩周湖ブルーと言われています。
世界でもバイカル湖についで2位です。しかし現在は生態系が崩れプランクトンがふえ
透明度が落ちています。

しかし吸い込まれていくような人を寄せ付けない青色でした。

b0161093_12234631.jpg


真中にある島の話を・・ネットから拾ってきました。

宗谷のコタン(アイヌの集落)同士がイヨマンテ(熊祭)の夜に争い、
一方のコタンは敗れほとんどが殺されてしまう。
敗れたコタンの老婆とその孫は命からがら逃げるが、逃げる道中で孫がはぐれてしまう。
老婆は孫を探しながらさまようが見つからず、カムイトー(摩周湖)付近までたどり着く。
老婆はカムイヌプリ(摩周岳)に一夜の休息を請い、許される。
が、悲嘆にくれ疲労困憊した老婆はそこから動けず来る日も来る日もそこで孫を待ち続け、
とうとうカムイシュ島になってしまった。
いまでも、摩周湖に誰かが近付くと老婆は孫が現れたかと喜び、うれし涙を流す。
この涙が雨であり霧であり吹雪なのである。

★屈斜路湖★
クッシーと言う海獣がでるらしい・・・
しかし湖畔にはキャンプ場が有りアヒルのボートが有り・・

クッシーもおじけづいて出て来れないのかも・・^^;

b0161093_124654100.jpg

[PR]

by asukai-inchou | 2010-09-05 12:13 | 無題

熱田神宮   

熱田神宮の御祭神は熱田大神即ち三種の神器の一つの「草薙の剣」です。

草薙の剣はスサノオノミコトが八岐大蛇を退治した時に大蛇の尾の中から出てきました。
その後天照大御神に献上 天孫降臨する孫のニニギノミコトに授けました。

その後草薙の剣は伊勢神宮に奉納され祭祀をしている天皇の姉妹の斎宮が守っていましたが
日本武尊が熊襲命退治に行くときに身につけさせて送り出しました。
(日本武尊の父親である景行天皇の姉妹の倭姫命が初代伊勢神宮の斎宮です)


さて、日本武尊の話ですが


日本書紀と古事記ではその記載に違いが有ります。

注釈;以下天皇と記載しましたがこの時代は「王」と言われていました。
その後21代雄略天皇のときに「大王(おおきみ)」と代わり
壬申の乱で勝利した天武天皇の時に「天皇」ということばを
使用するようになった様ですがここでは統一します。



日本書紀では日本武尊は景行天皇の後を継いで天皇として即位するはずでしたが
辺境の民族を征伐する間に亡くなりってしまったというように記載されています。

古事記では 日本武尊は兄弟殺し、親から生涯邪険にされ続けた
悲劇の皇子として描かれています。

実際、日本武尊とは存在したのかと言うところです。
先ず、12代景行天皇は自身で九州熊襲征伐に行っています。

それはさておき日本武尊は景行天皇の双子の息子として産まれました。

天皇は双子の兄に、ある女性を自分のところへ連れてくるように命じました。
ところが兄は女性の美しさに目がくらみ自分のもとへ留め置きます。
天皇は双子の弟の日本武尊に兄を説得するように命じますが
兄はのらりくらりかわします。
最終的に気の荒いタケルは兄を殺してしまいます。

それを聞いた景行天皇は息子を疎ましく思い倭に従わない民の征伐に送り出します。
ところが日本武尊は勇猛果敢にも熊襲や出雲を征伐して父のもとへ帰ってきます。

PS;かなり卑怯な手を使ってやっつけてくるので勇猛果敢と言ってよいのかどうか?
  熊襲タケルの時は女装をして近づき刺し殺し、
  出雲タケルの時は自分は本物の剣で相手は騙して木刀で戦い切り殺します。
  この発想は中華思想でしょう。
  中国は漢民族以外は夷狄と言って野蛮な民族であるので従わせねばならない。
  又どんな卑怯な手を使ってもそれは反則ではなく騙したもん勝ち。騙されたもん負け。


さて父のものとへ凱旋して戻ってきても父天皇は更にタケルを怖がり休む間も無く
今度は東国平定に向かわせます。
日本武尊は東国に行く前に叔母である伊勢神宮斎宮倭姫命のもとに寄ります。
そこで彼は弱音をはいています。「父は私を嫌っておられる・・」

その後いろんな苦難を潜り抜けますがタケルは結局伊吹山に行った時
山の神を祭らなかったためその怒りに触れて亡くなります。
亡くなった場所は三重県亀山市です。
(三重の意味はタケルの足が三重にも曲がってしまった・・)

タケルの后や子供が駆け付け彼の死を嘆いているところ
日本武尊は白鳥になって飛び立っていきました。

伊勢から河内そして羽曳野まで飛んで行きました。
各所に白鳥陵が有ります。

最後に熱田神宮の御祭神である草薙の剣は実際天照大御神であるという説
実は日本武尊であるという説が有ります。

b0161093_1072760.jpg
b0161093_1075149.jpg

[PR]

by asukai-inchou | 2010-09-05 10:08 | 神話の世界へようこそ

診療開始   

9月に入っても酷暑が続きます。

昨日まで休診でご迷惑をおかけしました。

b0161093_8333055.jpg
[PR]

by asukai-inchou | 2010-09-04 08:33 | お知らせ