<   2011年 03月 ( 11 )   > この月の画像一覧   

横浜の水道水   

3月25日(金)

小雀浄水場 ・西谷浄水場 ・ 川井浄水場 ともに

Cs134  Cs137 ヨード131全部不検出でした。(横浜水道局HPより)

・・・福島の原子力発電所のことはさておき・・・
[PR]

by asukai-inchou | 2011-03-26 08:01 | 無題

本日の診療   

通常通りに行います。

<横浜市水道水の放射性物質関して>(水道局のホームページより)

22日は西谷浄水場と川井浄水場については不検出。

小雀浄水場ではヨウ素131が55.3ベクレル/kg検出。

(300ベクレル/kgを下回っている)

  水中に混入した放射性物質の多くは、
 沈澱ろ過といった通常の浄水処理プロセスにより濁質とともに除去可能。
 厚生労働省によると粉末活性炭を注入することで更なる除去効果が見込まれる。


  現在、横浜市では粉末活性炭の注入しているらしい。



  詳しくは水道局のホームページを見てください。




 
[PR]

by asukai-inchou | 2011-03-24 08:41 | お知らせ

飲料水の中の放射性物質   

東京の金町浄水場の水から多くの放射性物質が検出されました。
(但しまだ基準値以下ですが)

金町浄水場の水源は江戸川です。江戸川は利根川の分流です。

ところで横浜の水源はどこでしょうか。

主に相模川と酒匂川です。 山梨や静岡です。

東京都とは違った水源から供給されています。


今のところはまだまだ基準をかなり下回っています。

しかし出口が見えない原発事故。このまま終息していけばよいのですが・・
[PR]

by asukai-inchou | 2011-03-23 17:50 | 無題

本日の診療   

3月22日(火)

通常通りに開始します。

計画停電は12時20分から16時までです。

施行されれば時間の変更が有ります。

その時は申し訳有りませんがご了承ください。
[PR]

by asukai-inchou | 2011-03-22 06:55 | お知らせ

放射性ヨウ素(訂正)   

ほうれんそうから検出された放射性ヨウ素に注目が集まっています。

そこで神奈川県の飲料水から検出されている放射性ヨウ素について調べてみました。

<神奈川県衛生研究所でのデータから>

 ヨウ素 3月18日 不検出  
      3月19日 0.43ベクレル/飲料水1kg

 セシウム 3月18日19日とも 不検出

  
   原子力安全委員会の決めた飲料水一kg当たりの放射性ヨウ素の安全基準は
   300ベクレル/kgです。

  
     *ベクレルとシーベルトの関係*

(すみません、下記のように訂正しました。)

         0.019μSvのγ線曝露≒放射性ヨウ素1ベクレル

  

 ここで放射性ヨウ素に関しての話をします。
    ヨウ素は甲状腺に集まります。
    よって放射性のヨウ素を内部被ばくすると
    甲状腺に集まり甲状腺がんができやすくなります。

    ウクライナのチェルノブイリ原発事故では
        誠に不幸なことに子供の甲状腺がんが多く発症しました。

 そこで被ばく直前や直後に放射性ではないヨウ素剤を服用し
 甲状腺をヨウ素で一杯にしておけば
    そのあとに入ってきた放射性ヨウ素の入る隙間が無くなります。

 又、40歳以上の大人が放射性ヨウ素を取りこんでも癌の発生は
                            無いと言われています。
 よって40歳以上にはヨウ素服用の適応は有りません。



  WHOでも18歳以下では放射性ヨウ素420ベクレル以上で
  ヨウ素剤の服用を勧めています。


    
  再度現在の横浜で観測されている放射線(γ線)は50nSv/h以下です。

    東京からニューヨーク空の旅;190,000nSv

    年間人一人が自然に受ける放射線の量;2,400,000nSv

  又。ブラジルの有る地域では年間10,000,000nSvの放射線を受けているが
  他地域と比べがんの発生が多くは無い。
   (但し日本人のように長寿ではないので同一線上で比較はできないが)


 いろんな風評が有りますが実際の数値や科学的な論拠に基づいて
 考えていくことが大切だと思います。


    


























  







  
      
[PR]

by asukai-inchou | 2011-03-21 12:31 | 医療

本日(3月19日)の診療   

通常通りの診療を行う予定で。

宜しくお願い申し上げます。
[PR]

by asukai-inchou | 2011-03-19 07:41 | お知らせ

本日の診療   

計画停電は9時20分から13時までです。

午前の診療について今の時点で言及できません。

本当に停電をすれば出来ませんし停電が無ければ遅れて診療しようと思っています。

誠に申し訳有りません。

午後も追加停電の予定の通達が有りますが何とも言えません。

その時は診療中断いたします。


  行き当たりばったりになってしまいますが現在の東電・政府の対応が行き当たりばったりで

  それに振り回される我々や患者さんは振り回された揚句彷徨っております。


昨夜の帰宅時、駅に押し掛けあふれ出た疲れ果てた方々の集団の中に自分もいて

もうこの国は

どこに行くのか・・・・・。
[PR]

by asukai-inchou | 2011-03-18 07:49 | お知らせ

放射線の体への影響(横浜に到着する毎日の放射線量)   

まず、

「横浜市環境創造局 (http://www.city.yokohama.lg.jp/kankyo/saigai/)

断っていませんからリンクは貼れません。

皆さん自分でで検索してください」の放射線についてのページが

わかりやすく又横浜の毎日の放射線(ガンマ線)について報告されています。

先ず放射能で心配しなければいけないのは「放射能を浴びると言うより

放射能の着いたものを口から体内に入れる<「内部被曝」の存在。>です。

外部被ばくに関しては現在横浜に到着しているガンマ線

(α・βは遠くへは飛ばない・中性子線は今回は発生していない)

は多くて100ngyで人間が年間に宇宙から受ける自然放射線の

50万分の1~100万分の1という微量です。

ウクライナで起きたチェルノブイリ事故は臨界事故で有ったため中性子線が出ています。

それでも事故を止めに入った職員の人を除いてほとんどが内部被ばくで有ったようです。

又ウクライナの首都キエフはチェルノブイリの100キロメートルの距離にありました。

福島から横浜までは250キロメートル有ります。

またもう一つの大事故のスリーマイル島事故も半径16キロより外に被害は有りませんでした。


今回首都圏では無用な心配はせず事故の対応に自分の健康障害を顧みずあたってい

る警視庁・自衛隊・東電の現場の職員の方々の応援と無事を祈りましょう。
[PR]

by asukai-inchou | 2011-03-18 07:43 | 医療

明日からの診療   


計画停電は4月まで続くようです。

地域によって停電時間のグループ分けはされていますが実際施行されるかどうかは

その時間にならないと分かりません。

「計画」停電なんだからしっかり計画を立てたうえで実行していただきたいものですが

原発の問題も有り東電も大変なんでしょう。

明日は12時20分~16時まで停電予定です。


午前の診療終了前に診療を打ち切らねばならないかもしれません。

ご迷惑をおかけします。よろしくお願い申し上げます。


今後は計画停電実施に応じた変則的な診療時間になると思われます。

再度宜しくお願い申し上げます。















 
[PR]

by asukai-inchou | 2011-03-16 18:44 | お知らせ

3月15日(火)診療時間のお知らせ   




本日は通常通りの診療を行います。

ただし今の状況を考えると予定外の変更を余儀なくされることも有るかもしれません。

よろしくお願い申し上げます。

当地域は6時過ぎからの計画停電となります。

昨日も夕方以降電力の大幅消費によって一部停電が施行されました。

本日も同様のことが考えられます。

よって出来るだけ午前中診療を受けていただきたく思います。


PS;
本日も外部からのメール予約は取れなくなっております。
ご迷惑をおかけします。
[PR]

by asukai-inchou | 2011-03-15 06:56 | お知らせ